コラム

査定額はどのくらい?ラディアントカットブルーダイヤモンド買取

カラーダイヤモンドの中でも、一致以上の色の濃さをもつものはファンシーカラーダイヤモンドといわれており、色彩によっては非常に希少価値があるものです。通常、無色のダイヤモンドの場合、大きさや透明度などが大きな査定要素となりますが、ファンシーカラーダイヤモンドであれば、また少し違った基準で、買取価格が決まるといえます。 ファンシーカラーダイヤモンドの中で、より希少性が高く高価なものは、レッドとブルーです。はっきりと色づいたブルーダイヤモンドなら、無色のダイヤモンドにも劣らない、貴重な価値があるといえます。特にブルーダイヤモンドは日本でも非常に人気が高まっていますから、大きさやカットなどの条件が揃っていれば、買取査定額も大きく期待できそうです。 ラディアントカットは定番ともいえる様式の一つであり、衰えない人気を保っていることから、買取査定についてマイナスになることはないでしょう。カットプロポーションが優れていれば、より高価な取引となる可能性もあります。 ラディアントカットのブルーダイヤモンドの価格は、カットの美しさや色の濃さなど、色々な要素によって査定され、決定されます。正確な査定額を知りたい場合は、専門の査定を受けましょう。

ラディアントカットをしたブルーダイヤの査定ポイントは

ファンシーカラーダイヤという色のついたダイヤモンドは希少価値が高く、高価な買取を望むことができます。 ダイヤモンドでは買取の際「カラット」「カラー」「クラリティー」「カット」の4つの項目で値段を決めるのです。カラットは重さ。カラーは透明度。クラリティーは傷の度合い。カットに関しては、ラウンドブリリアントカットにのみ考慮されるのですが、光の反射を綺麗にできているか。他にも左右対称性など、お店ごとによって独特の基準は存在しますが、主にこの4つが判断材料となるのです。 それではラディアントカットのブルーダイヤはどのような価値になるのでしょうか。 ブルーダイヤはまず、トリーテッド(人工)か天然物かを見極めます。グリーンダイヤにおいては判別が難しいのですが、ブルーダイヤでは簡単に判別できるのです。次に色の濃さを確認します。9段階においてどの程度に位置するのかを定める必要があるのです。基本的にファンシーと呼ばれるレベルより上になると、普通のダイヤより価値のあるものと見なされます。ただ、これに関しては相場などがないため、お店によっては価格変動がすさまじくなってしまうのです。 以上の2点で、実はラディアントカットのブルーダイヤは価格が決められます。あまり4Cには左右されず、普通のダイヤの相場より高くなることがほとんどです。所有のダイヤを売る際は以上のことを参考にしてください。

ラディアントカットのブルーダイヤモンドは比較買取がお得

透明ではなくレッドやブルーなどに発色したダイヤモンドは特に貴重で、市場でも高値で取引されています。人気の高いブルーカラーはその中でも特に貴重です。また、ダイヤモンドにはカットの種類もさまざまなものがありますが、角を切り落としダイヤモンドの魅力である光を強く放射するようにしたラディアントカットは特に人気が高いものとなります。ご自分ではもう使用していないアクセサリーを買い取りに出したいとお悩みの方は、人気の高いブルーカラーのラディアントカットされたジュエリーならばどのこのショップでも高値の買取を期待することが出来るでしょう。しかし、買取の価格はその品物の状態だけではなく、ショップによっても異なります。ジュエリーの買取に慣れていない方はひとつのショップで査定してもらいそのままの値段で買い取ってもらうという方も多いのですが、ジュエリーはショップによって買取の価格は上下します。ですので、出来るだけ複数のショップで査定してもらい買取価格を比較してから買い取ってもらうとより高値で売ることが出来るでしょう。ジュエリーはたくさんの思い出が詰まった大切な品物です。ショップごとの買取価格を比較して、より良い評価をしてくれるショップを探してみるといいでしょう。