コラム

ブルーダイヤモンドのマーキースカットは天然なら高額買取

ブルーダイヤモンドのマーキースカットはどのくらいの買取額が期待できるでしょうか。
天然のブルーダイヤモンドは、市場に流通されている数が大変少なく、購入する場合はオークションで探すことが多くなります。
ダイヤモンドがブルーになるのは、ダイヤモンドが結晶化するときにホウ素が混ざり、青く変色するという解析結果が出ています。
しかしダイヤモンドの原石がある地中の奥深い場所にホウ素があることはほとんどありません。なので奇跡とも呼ばれるほど希少性が高く、高値で買取されるのです。
安価で市場に出回っているものはほとんどが人工処理でブルーになったダイヤモンドです。こちらは天然のものとは違い、価値が高くありません。天然じゃなくてもいいからどうしてもブルーが欲しいといった人が買うようです。
マーキースカットは小粒のダイヤモンドに使われるシェイプで、小粒を大きく見せることができます。楕円形で両端を尖らせた形をしていて、細長い原石だとロスがとても少なくなります。
多くの場合、花びらや植物などをモチーフにしたジュエリーに使用されるため、普段の日常で身に着けるのにも合います。
マーキースカットというよりは、ブルーダイヤモンドの価値が大きく左右されるでしょう。天然のものは間違いなく高価買取が期待できますが、人工処理されたものは安価になります。

マーキースカットのダイヤモンド売るなら相場を調べてから

ブルーのダイヤモンドのマーキースカットのアイテムの場合には、需要が大変高いことから、買取相場も比較的安定しています。店舗によっては高額査定が可能なケースも多いので、ダイヤモンドでマーキースカットが施された商品を持っている方はぜひ買取に依頼することを考えるのも良いでしょう。
相場は一ヶ月の間で変動したり、年単位で変動する場合もありますから、相場の価格が上昇しきっている時に売却を検討するのが適切です。
ブルーのダイヤモンドはそれだけで希少価値がありますから、カット方法にかかわらず高い値段で買取ってもらうことができます。

ブルーのマーキースカットダイヤモンドの相場の比較について

ブルーのダイヤモンドは鮮やかなイメージがあるため人気が高く、マーキースカットは小さくても大きく見えることが特徴です。マーキースカットは見た目を重視され、ブルーのダイヤモンドは明るく見えるようにすると効果的です。
ブルーのマーキースカットのダイヤモンドはピアスなどに使われ、他の色と比べると輝きがあるため人気が高いです。ダイヤモンドの買取は中古として販売するため見栄えを良くすることが求められ、使わない時は専用のケースに入れて保管をすることが大事です。査定金額は見栄えによって判断されるため、輝きを維持できるように定期的に磨くことを心がけると高く売れます。

おたからやの強みは、国内だけでなく海外にも独自販路を多数持っていること。
さらに、メンテナンスをすべて自社完結し、大幅なコスト削減を実施していますので、他社圧倒の高価買取ができているのです。
査定は完全無料ですので、お手元に使わなくなったブルーダイヤモンドがある場合は、ぜひ一度ご相談ください。