コラム

プリンセスカットのブルーダイヤはいくらで買取りできる?

ブルーダイヤは天然で産出されるのが希少なファンシーカラーダイヤの一種です。
特にブルーダイヤモンドはカラーダイヤモンドの中でも、一番産出されにくく、とても高価な値段になることが多いです。

ダイヤモンドは4Cと言われる世界基準で定められたグレードが存在します。
カラー、クラリティー、カラット、カットの4つです。しかし、ファンシーカラーダイヤの場合はこのカットのグレードがつきません。
そのためプリンセスカットであろうが、あまり査定には関わりません。

ただし、プリンセスカットのような対象形は好まれるため、お店によっては高い評価がつくことがあります。
こういったこともあり、価格は次の3つで判断されると思ってください。

一つはカラット(重さ)、もう一つはクラリティー(傷や不純物の度合い)、そして最後に色合いです。
カラットは大きければ価値はあがりますが、小さい場合はさほど買取査定の対象に入らないこともあります。
色合いは、濃さと明るさを見て9つのグレードに分けるのです。

しかし、このような明確な基準があっても、相場というものはしっかりとした査定ができる人がいなければ、正確な値段を出すことができません。
おたからやの査定員は厳しい専門家研修を受けたプロ査定員のみ。お品物に眠る価値を見出し、他社より高く買い取りますので、安心してお任せください。