コラム

高価買取を望めるオーバルカットのブルーダイヤ

算出量が少なく、市場の出回りが少ないため価値が高くなるファンシーカラーダイヤモンド。その中でもブルーダイヤモンドは群を抜いて効果になります。それはダイヤの中でも少なく、また青色が美しいため多くの人から購入を希望されるためです。 一つ例を出してみましょう。オーバルカットのブルーダイヤはどのように買取価格が決めるか見ていきます。 まず、ブルーダイヤということで、カットグレードを省きます。そのため、クッションカットの恩恵を受けません。ただし、研磨の度合いや対象性に優れていた場合、良い印象を与えることができます。次に色を見ます。主に2つの要素を見るのですが、色の明るさと濃さを確認するんです。あまり濃すぎても良くなく、明るすぎても良くないです。そのため、ちょうどいいぐらいの位置にいるものが高い価格をつけます。そのほかのグレードはあくまでも参考程度にされるでしょう。ブルーダイヤのようなダイヤは、印象が第一です。そのため、クラリティーグレードやカラットは見ない人もいるんです。 このように、オーバルカットのブルーダイヤの買取相場は非常に曖昧なものになっています。買取を希望する際は、インターネットや店舗に出向いて、その店の相場を確認してみるのがいいでしょう。

指輪に合うオーバルカットのブルーダイヤモンドの買取相場

現存する数が少なく、目にすることができただけでもラッキーといえるブルーダイヤモンド。実は天然のものと人工処理されてブルーになったものがあります。 天然のものはとても希少性が高く市場に流通されていることはあまりありません。オークションで探して購入することが多数でしょう。その希少価値や相場の高さから、宝石のコレクションで取引する人が多いようです。 人工処理のものは価値が低いですが、ジュエリーの素材としてどうしてもブルーダイヤモンドを使いという方が求めるようです。そのため価値は低いものの需要はあります。 カラーダイヤモンドの中でもファンシーカラーと呼ばれる濃いものが高価とされていますが、ブルーは色が濃くなるほどグレイっぽさが出てきてしまい、ブルーの濃さよりもグレイの薄さを重視する場合があります。もちろん最終的には人それぞれの好みによります。 ブルーダイヤモンドを指輪に合わせる場合、オーバルカットにすることもあるでしょう。 オーバルカットは楕円形で女性らしい丸みのあるカットです。縦の長さにより指を細長く見せる効果があるため、人気が高いです。 しかしラウンド・ブリリアントカットと比較すると少し買取相場の需要が落ちてしまいます。 また、カットを左右対称にするのが難しいので買取時の印象が下がりやすいという短所もあります。

オーバルカットのブルーダイヤモンドを買取に出したい方へ

オーバルカットのブルーダイヤモンドは、オーバルカットによって加工された青色のダイヤモンドです。その価値はいかほどでしょうか。まず、オーバルカットとは、楕円形に成形加工する手法です。この手法の特徴は、細長い形をしているので、指輪にすると、指を細く見せることあができるという点にあります。そのため、女性からの支持は高いカット手法です。そして、ブルーダイヤモンドは、青色が特徴ですが、きれいな発色をする青は、珍しいので、価値が高いです。ただし、青色でも、照射や熱処理によって加工された物は、見た目は美しいですが、あくまで人工物になるので、価格は下がります。 以上の点を総合して判断しますと、オーバルカットのブルーダイヤモンドは、青色が天然由来の物であれば、買取価格に期待が持てます。ただし、一点だけ注しておいてください。それは、宝石の価格は、市場の動向、産出量、加工の巧拙、査定する人の能力など、多くのファクターに左右されます。また、買取店の在庫も影響するので、査定は一定ではありません。そのため、できるだけ高く売りたいという方は、それぞれの査定額を比較して、売却先を決めるべきです。多少の手間がかかりますが、比較することで、価値ある品を、満足のいく価格で売ることができます。