コラム

ダイヤモンド買取における査定基準

ダイヤモンドは、世界的に希少な宝石で、価値の高いものとされていて、買取の際には、4Cという国際基準によって判断されます。4Cは、カラット、カット、カラー、クラリティのことです。カラットはダイヤの重さ、カットは輝き、カラーは色、クラリティは透明度を表しています。 一般的には、ダイヤモンドというとカラットという単位が知られていて、カラット数が大きければ大きいほど、価値が高いとされていますが、実際には、カラットだけでは価値の判断はできず、4C全ての基準によって価値の判断がされます。その査定は、複雑で難しいため、買取の際には、熟練した知識や経験を持つ査定員でないと適切な査定はできません。
たとえば、カラーでいうと、ダイヤモンドは透明だけでなく、レッド、ブルー、ブラック、ピンク、グリーンなど様々な色の種類があります。一般的には、透明のものよりもカラーの方が価値が高いとされていて、種類によっては、レッド、ブラックのように、非常に高価になるものもあります。
また、カットの種類も、多種多様で、ブリリアントカット、エメラルドカット、ハートカットなどがあります。その中でも、ハートカットは日本ではわりと希少とされています。カットの種類は、基本的なもの以外にも、次々と新しい種類が開発されていますから、それを全て把握しなくては正しい査定を行うことは困難になるでしょう。

安価なブラックダイヤだからシェイプで楽しめる

ダイヤモンドはカット、カラー、クラリティー、カラットの4つで価格が決まるのですが、カラーダイヤになると一変、また別の判定要素が出てきます。それが色合いです。色合いによって、同じ品質でも倍以上の価格差が生まれてしまうことがあるんです。 しかし、ブラックダイヤモンドに関してはそれが当てはまりません。ブラックダイヤは発掘量が多く、カラーダイヤの中でも安価な部類に入ります。また、トリートメントになると1万円前後という格安になることも多いです。
そのため、ブラックダイヤはアクセサリーとして人気の高いダイヤになります。特にシェイプにはこだわりが強く、ハートカットなど見た目で楽しめるシェイプを取り入れることが多いです。もちろん、こういったハートカットのシェイプを使って、また別のアクセサリーを作ることも多いです。
それでは買取相場はどうなっているのでしょうか。実は非常に安いものとなっています。トリートメントの場合は1万円を割れ、天然でも0.1カラット1万円ぐらいになります。ただし、ブラックダイヤにも色合いのグレードは判定しにくいですが、しっかりと定められており、ファンシービビッドとなると数十万にもなります。このため、ブラックダイヤの買取相場というものは一言では決められないということがわかるでしょう。

ハートカットのダイヤモンドの買取比較

ダイヤモンドの場合カットの方法で値段が変わるケースがほとんどであり、特にハートカットの場合には買取価格も高くなるケースが多くなっています。またカットが珍しいだけではなく、色が珍しいブラックのダイヤモンドも買取価格を他のものと比較すると高くなっています。ダイヤモンドのブラックのカラーの価格相場は変動する場合もありますから、一番高い時期に売却を検討するのがよいでしょう。これまでタンスの中にしまっておいたダイヤモンドがあるというかたや、ブラックのハートカットのダイヤモンドを持っているという方はぜひ、それらを売ってみることを検討しましょう。ブラックのハートカットの場合にはカット方法とカラーにプレミアが付きますので満足できる価格で売ることが可能です。

おたからやは、査定料は完全無料です。「今日は売る気がないんだけど・・・」という場合も、大丈夫です。
大切に査定いたしますので、お気軽にご利用ください。
おたからやでは、海外にも独自販路を多数持っていることが強みです。
さらに、メンテナンスをすべて自社完結し、大幅なコスト削減を実現しています。
このような理由から、他社圧倒の高価買取実績をあげています。