コラム

エメラルドカットのブラウンダイヤモンドの特徴と買取について

エメラルドカットのブラウンダイヤモンドは、買取価格に期待できるでしょうか。前提として、このダイヤモンドの特徴を記します。まず、エメラルドカットとは、四角の形の角を切り取ったカット方法で、八角形をしています。主に、エメラルドに用いられるカット手法であるため、この名前がついています。このカットの特徴は、平面部分の面積が広いので、石本来の発色を楽しむことができるというところにあります。その分、あまり光を反射しないので、輝きという点では他のカット手法に劣ります。したがって、カラーダイヤモンドに適しているカット手法と言えるでしょう。そして、ブラウンダイヤモンドは、ブラウン色のダイヤモンドです。一般にダイヤモンドは、一部のカラーを除いて、カラーがついていると価値が下がります。色がついているものは比較的産出されやすいからです。そのため、かつては主に工業用に用いられていました。しかし、カラーダイヤでも、色が均一である物はなかなかないので、無色透明の物と比べれば劣りますが、なかなかの価値があります。したがって、きれいなブラウンカラーであれば、ブラウンダイヤモンドも買い取り額に期待が持てると言えるでしょう。そして、カラーダイヤモンドの発色をうまく引き出すエメラルドカットとは相性が良いので、高品質であれば買取価格は上がります。実際にいくらかは、お店により異なるので、査定をしてもらうことをおすすめします。

エメラルドカットのブラウンダイヤの買取価格は

ブラウンダイヤモンドはカラーダイヤの中でも安価な部類に入ります。今回はエメラルドカットを施したブラウンダイヤがどの程度の買取価格になるのか確認してみます。 まず、カラーダイヤは希少価値が高く、買取相場が不安定というのが常識なのですが、イエローダイヤやブラウンダイヤはあまりにも流出が多いため、大体の買取相場は決まっています。4Cが平均的なグレードの場合、0・1カラットで1~2万円になるでしょう。 ただし、カラーダイヤはこれだけで決めることができないのです。色合い、見た目の良さでその価格は変動していきます。そのため初心者はカラーダイヤに手を出さない方がいいと言われます。 ではどのようなものが高くなるのか。色合いの部分が重要で、これには9つのグレードがあるのですが、これでファンシー以上になると高値になります。特にファンシービビットとなると0・1カラットでも200万円以上になります。この値は、普通のダイヤモンドでも中々出てこない値ですので、高値の部類に入るでしょう。 以上のことからエメラルドカットを施した買取相場というものは一言では判断できません。特に色合いというのは素人目ではわかりにくいので、所有していた場合、一度プロの査定員に見てもらったほうがいいでしょう。

エメラルドカットをしたブラウンダイヤについて

ブラウンダイヤはカラーダイヤの中でも発掘量が多いのです。そのおかげで、ダイヤという高級品に手を出せない層が、アクセサリーとして購入するため非常に人気を得ました。 そこでエメラルドカットをしたブラウンダイヤの買取価格について解説します。 ブラウンダイヤは希少性が低く、普通のダイヤよりも定価で買い取られます。普通のダイヤモンドは0・2カラット2から3万円程度で買い取られるので、同じカラット数なら、これ以下になるでしょう。 ただし、普通のカラーダイヤと違って、ブラウンダイヤは特殊な買取査定が行われることがあるんです。それは見た目による査定です。というのも、ブラウンダイヤの用途として、主にアクセサリーですから、見た目が良くなければたとえグレードが高くても売れません。また、財産としても価値が薄いため、流行によって価格が変動します。なので、エメラルドカットのようなシェイプはその時代においてプラス査定にもなるし、マイナス査定にもなるんです。 以上のことから、ブラウンダイヤモンドは比較的買取に向かないダイヤだと分かります。ただし、見た目がものすごくいいものは、普通のダイヤモンドより高く売れるので、いろいろな店舗の見積もりを比較し、売買をするほうがいいでしょう。