コラム

ラウンドカットのピンクダイアモンドを買い取る場合

ピンクダイアモンドはファンシーカラーダイヤモンドと言われる、希少価値の高いダイヤの一種です。ちなみに、ブルーダイヤと同様に最も価値の高いダイヤだともいわれています。 仮に、ピンクダイヤを買い取ってもらう場合、どのような価格になるのかを確認しましょう。 まず、ダイヤの買取は4つの基準が存在します。カット、カラー、クラリティ―、カラットの4つです。ただし、カットの場合はラウンドブリリアントカット(ラウンドカット)でしか評価されないので、他のカットはすべて同じ評価になります(店舗によっては左右対称性などを考慮することもある)。ラウンドカットは最も美しく輝くカット方法なので技術者の腕が試されるから、評価がつくのでしょう。ほかの場合、基本的に研磨しやすいものなので、あまり付加価値はつきません。 それではピンクダイヤの場合はどうなるのか。まず、色合いについて評価されます。色の濃さ、そして明るさです。ファンシーと呼ばれる評価をもらえれば、ピンクダイヤの場合100万近く値が付くこともあります。そして、カラーダイヤの場合は、ほとんどがこの評価だけで決められてしまうのです。先ほどの4Cというのは純粋なダイヤモンドでしか適応されません。 そのため、ピンクダイヤなど、カラーダイヤを買取に出すときは、必ず複数の査定にかけることをおすすめします。

ピンクダイヤモンド、ラウンドカットとは?

だれもが憧れるダイヤモンドですが、一口にダイヤモンドといっても様々なものがあります。一般的に、ダイヤモンドはそのカラット、カラー、クラリティ、カットによって価値が決定され、買取相場もそれぞれ異なります。ここで、カラットというのはダイヤモンドの重さを表しています。大きさのことだと認識していいる方が多いと思いますので、注意してください。 今回は数ある種類の中から、ピンクダイヤモンドとラウンドカットをご紹介したいと思います。 ピンクダイヤモンドは、カラーダイヤモンドの一種であり、とても貴重です。世界で採掘されているダイヤモンドの中のほんの一部しかありません。そのため、価値は高く、買取相場も高いです。ただし、人工的な処理をして色を付けたピンクダイヤも存在しますので、注意が必要です。 次にカットですが、カットではダイヤを美しく輝かせる面取りができているか、平らに研磨がなされているかなどの技術面が見られます。ラウンドカットは光の屈折率を効果的に利用したカットで、モザイク模様の強い輝きを放ちます。このカットをするためには、ダイヤモンドの原石を約半分ほどまで研磨する必要があり、それだけの犠牲を必要とする神秘的な輝きを放つといわれています。

ピンクダイヤを売る時の店舗比較

ダイヤモンドの価値はGIA基準の4Cと呼ばれるもので、定められます。透明度をはかるカラー、重さを調べるカラット、傷の有無を確認するクラリティー、光の反射の美しさを比較するカットの4つです。基本的に加算として値段は決まります。 ダイヤの中でも色のついたファンシーカラーダイヤと呼ばれるものは、カラーグレードが最下層なのですが、買取価格は跳ね上がります。その理由としては希少性の高さと、人気によるものでしょう。 では、ピンクダイヤモンドはどの程度の買取価格になるのか。実は安易にカラーダイヤの価格を決めることはできません。というのも、シェイプはラウンドカットが最上位になるのですが、カラーダイヤの場合、ラウンドカット以外の流行のシェイプの方が高くなることがあったりと、曖昧な値段付になってしまうからなんです。 ピンクダイヤモンドを売るべきではないのか。いえ、そういうわけではなく、こういったことを理解し、しっかりと様々な店舗で査定を出してもらうことが大事なんです。比較をしないと、時には損をする場合があります。特に日本ではカラーダイヤ専門の査定員などいません。損をしないためにも、色々な店舗に足を運ぶことを推奨します。