コラム

ダイヤモンドのハートカットなら買取でも人気

ピンクのダイヤモンドはカラーとして大変希少性が高いためプレミア価格が付く場合がほとんどですが、その中でもハートカットのものは女性に人気のあるダイヤモンドとして有名です。ハートカットのピンク色の商品の場合には買取店でも優先的に買取ってくれるケースがあり、程度にもよりますが、査定は概ね満足の行く価格であることがほとんどです。そのためハートカットのダイヤモンドの買取はほぼすべてのお店で売ることができますから、ピンクのダイヤモンドでハートカットのカット方法が用いられている商品を持っている方はぜひ買取に依頼してみましょう。ハートカットのピンク色の商品はペンダントや指輪などのアクセントなどによく多用されていますが、それ以外の場合でも使われているケースがあります。ハートカットのダイヤモンドは買取店の査定価格の中でも比較的高額査定の可能なアイテムですからピンク色のダイヤモンドを持っている方はぜひそのカット方法を確認してみましょう。保存状態が良ければ買取の際にも高値を付けてくれるので、長年タンスの中などで保管しておいた場合でも問題がありません。ピンクのダイヤモンドのハートカットならば買取がスムーズにできます。

ピンクダイヤモンドは超貴重な宝石!

宝石の代表として知られているダイヤモンドですが、ダイヤモンドにも様々な種類があり、その価値も様々です。ダイヤモンドの価値は、そのカラット、クラリティ、カラー、カットによって決定され、それぞれのランクによって買取相場が変わってきます。今回はピンクダイヤモンドとハートカットについてご紹介したいと思います。 ピンクダイヤモンドはダイヤモンドの中でもとても貴重で、世界で採掘されるダイヤの本の数パーセントにも満たない量しか採ることができません。そのため高価格で取引されており、買取相場も高いです。店頭で安値で販売されているピンクダイヤモンドを見かける方もいるかもしれませんが、それは人工処理によって作られたものである可能性が非常に高いです。それほどピンクダイヤは貴重です。 次にカットについてですが、ダイヤモンドはカットされている技術によっても価格が推移します。美しく輝くように面がとられているか、左右対称であるか、平らに研磨されているかなどが見られます。ハートカットは文字通りハート型にカットしたものを指しますが、日本では希少性が高いデザインといえます。アメリカやイギリスでは人気があり、個性的なデザインとして愛されています。

高額買取比較の方法ピンクダイヤモンドはハートカットが愛らしい

ピンクダイヤモンドは非常に希少性が高く、若い女性に人気があります。 世界でもごく限られた鉱山でしか発見されていなく、全世界で産出されるダイヤモンドの中で、0.1%程度しか採れません。 ピンクダイヤモンドの中で価値が高いのは、ダイヤモンドのカラー評価でZカラーを超えたものです。それを「ファンシーピンク」と呼び、無色のダイヤモンドと比較して高額買取が期待できることが多いです。 ファンシーピンクの中でも段階にわかれ、ファンシーヴィヴィッド、ファンシーインテンス、ファンシーディープ、ファンシーダーク、ファンシー、ファンシーライトとあります。ファンシーヴィヴィッドが最も濃くて高値になります。 また色の種類もあり、ピンク、パープリッシュピンク、ブラウニッシュピンク、オレンジッシュピンクがあります。通常のピンクと紫色がかったパープリッシュが人気が高く、とても高値で買取されます。この2種類と比較すると、茶色がかったブラウニッシュとオレンジ色がかったオレンジッシュは価値が低くなります。 ピンクの心理効果は幸せな気持ちや優しい気持ちになり、愛情を表現します。ハートカットにも似た部分があるので、シェイプをハートカットにするとより愛らしくなるでしょう。