コラム

パープルのクッションカットのダイヤモンドの買取について

ダイヤモンドの買取について知りたいという方も多いと思いますが、今回は「パープル」で「クッションカット」のダイヤモンドについて説明します。 ダイヤモンドは自然界で極稀に、「ピンク」、「オレンジ」、「レッド」、「パープル」、「ブルー」、「グリーン」といった色のダイヤモンドを生み出すことがあります。特別な地質学条件下の場合のみでしか誕生しないため、産出量は全体の0.06%ほどと言われています。そのため、「コレクターズ・ジュエリー」とも呼ばれています。この様に、非常に希少性が高いので、Dカラーの無色のものよりも高く取引が行われています。 また、ダイヤモンドの形状にも色々あり、「クッションカット」も色々あるカットの種類のうちの一つです。「クッションカット」とは名の通りクッションの様な形をしたシェイプ(宝石の形状や輪郭の事)は、1世紀以上に渡り人気を博しており、クッションカットダイヤモンド(ピローカットダイヤモンドとも呼ばれています)は角が丸く、大きな面が輝きを増します。この大きな面はダイヤモンドの透明度を際立たせます。このクッションカットダイヤモンドはシェイプが正方形のものから長方形のものまであります。 この様な色のついたダイヤモンドは色が濃ければ濃いほど買取時にも価値が上がります。

高い値がつきやすいパープルダイヤ

パープルダイヤモンドはファンシーカラーダイヤモンドの中でも人気があり、高値を付けることが多いです。その特徴としては、最も高い部類に入るピンクダイヤに似た淡い赤色をしているからでしょう。査定員によってはその境目に気づかないこともあるほどです。 仮にクッションカットのパープルダイヤを売った場合どのような価格になるのか考えてみましょう。 カラーダイヤは色合いとカラット、そして対称性と研磨の具合を見て値段を決めます。色合いは適度に濃く、適度に明るいと高い値をつけます。適度というのはマスターダイヤと呼ばれる、基準石からどの程度離れているかで判断されるので、私情は入りにくいです。カラットは大きければ大きいほうが高いですが、多くの場合は色合いの方が重視されます。対称性は見た目がいいものがよく、クッションカットはポイントの高いシェイプですが、流行のあるシェイプの方が高い価格で買取ってもらえるでしょう。 このことを満たした場合、0・2カラットで20万以上はいきます。ただし、ピンクダイヤなどカラーダイヤと呼ばれるダイヤは、買取相場が不安定なため、この相場も参考程度にしかなりません。一番いいのは、実際に査定員に見てもらい、見積もりを出してもらうのがいいでしょう。

優秀な宝石査定員がいる買取店の比較

クッションカットされているパープルダイヤモンドの買取比較をする際に、一つのポイントとして優秀な宝石査定員が在籍しているお店を利用するのも大切です。優秀な宝石査定員は適切な価格で買取額を提示してくれるので、非常に心強いです。 特に柔軟性を持ち合わせている宝石査定員がいる場合には、交渉を実施する事で少しでも高価な金額にアップさせる事ができるかもしれません。その結果、クッションカットされているパープルダイヤモンドはこれまでよりもいい金額で買取してもらう事ができるので、たくさんのお金を手元に手に入れる事もできます。 その他の利点としては、安全に買取手続きを実施できるという部分もあります。トラブルが発生してしまうと後々面倒な事態に巻き込まれてしまう事になります。しかし優秀な宝石査定員はそのような事態が発生しないように丁寧に実施してくれるので、大変心強いです。 どうしてもパープルダイヤモンドなどの買取比較をする際に値段の方に注目してしまいがちです。しかし値段ばかり注目してしまうと、思わぬ落とし穴に落ちてしまうかもしれないです。優秀な宝石査定員が在籍しているかどうかチェックする事も買取比較では必要なことにもなります。