コラム

バイカラーダイヤモンドとラフカットの組み合わせ

バイカラーダイヤモンドは、二つの色が含まれているダイヤモンドです。通常、混色のダイヤモンドは、見た目が悪く、あまり価値が高くないので、宝飾用ではなく、工業用として用いられます。
しかし、バイカラーダイヤモンドとして宝飾用に用いられている物は、色のバランスが良く、発色もしっかりとしているのが特徴です。
このような特徴を備えた物は流通量も少なく、たいへん価値が高いです。
したがって、買取価格は高くなります。そして、原石の形を生かし、なおかつ発色を際立たせるラフカットは、カラーダイヤモンドに適しており、バイカラーダイヤモンドにも相性が良いか手法です。

そして、一般的にバイカラーダイヤモンドにラフカットは用いられないので、ラフカットのバイカラーダイヤモンドは大変珍しいと言えます。
以上のような特徴から、買取価格は期待しても良いでしょう。ただし、カットの技術が醜いと、その価値が半減してしまいます。
つまり、ラフカットのバイカラーダイヤモンドだというだけで、無条件に買取価格が高くなるわけではありません。
このような複雑な判断は、プロの査定員に任せるのが得策でしょう。

おたからやの査定員は厳しい専門家研修を受けたプロ査定員のみ。お品物に眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります。
また、査定料は完全無料!「今日は売る気がないんだけど・・・」という場合も大丈夫です。大切に査定いたしますので、お気軽にご利用ください。