コラム

ラウンドカットのバイカラーダイヤモンドは高額買取が期待できる

ダイヤモンドといえば透明というイメージが強いですが、レッドやイエロー、ブルーなどさまざまなカラーの入ったダイヤモンドも存在します。その中でも特に希少で状態によって高値で取引されているのがバイカラーと呼ばれるものです。バイカラーとは、ひとつのダイヤモンドの中に2色のカラーが存在しているダイヤモンドです。カラーダイヤモンドは色によって発色する原因が異なります。例えばイエローならば窒素の含有量が大きいために発色し、ブルーならばホウ素の含有量が大きいといった具合です。このようなふたつの作用がひとつのダイヤモンドにあらわれることは非常に稀で、ショップなどでも簡単に見ることが出来ません。バイカラーのように独特の光が美しく輝く場合は、さらに輝きを美しくしてくれるラウンドカットのものが人気です。希少性の高いダイヤモンドですので、天然のものであれば買い取りに出す場合でも非常に高い価格での買取を期待することが出来るでしょう。ですが、それだけにショップによって買取価格の振れ幅も大きいので、ラウンドカットのバイカラーダイヤモンドはひとつのショップで査定してもらうだけで買取を決めてしまうのではなく、いくつかのショップで査定してもらい、買取価格を比較しながら売却するとお得に売ることが出来るでしょう。

ダイヤモンドの4Cとラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取の相場は、ダイヤが持っている価値や希少性などにより、大きく変わってきます。ダイヤモンドの買取の基準となるのは、4Cと言われている、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが基準となって、買取が行われます。この4Cを基準としいますが、ダイヤモンドが持っている希少性や価値はそのダイヤによって、様々ですので、買取の相場も大きく異なってくることになります。 ダイヤは、透明のものだけではありません。バイカラーなどの色の付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼んでいて、このカラーダイヤモンドの中には、希少性の高い色のダイヤモあります。バイカラーの他には、イエローやレッド、ブルー、ピンク、パープルなどの色のカラーダイヤモンドがあります。特にブルーやピンク、パープルといった色は、カラーダイヤモンドの中でも希少性の高い色のカラーダイヤモンドになっています。 ラウンドカットと呼ばれるカット方法は、ダイヤモンドの輝きを最も美しく表現することのできる58面体のカット方法です。他のカットと比べて、強い輝きが放たれていて、均等で完璧な丸型のシェイプを得ているので、原石の半分の50パーセントが失われています。ですので、他のシェイプと比べて、ラウンドカットは、割高になっているカット方法です。

バイカラーダイヤモンドは通常のダイヤモンドとどう違うのか

バイカラーダイヤモンドとは一つのダイヤモンドに二つの色が入っている貴重なダイヤの事を指します。バイカラーダイヤのはラウンドカットと言われる削り方で削られる事があります。 ラウンドカットとはラウンド・ブリリアント・カットと言われておりこの削り方は最も代表的な削り方の一つであり、エンゲージリング等に使われるダイヤに対してラウンドカットは用いられています。 バイカラーダイヤモンドの中でも買取を比較すると他のダイヤモンドよりも高額である事が分かります。高額である事の理由には、他のダイヤモンドにはない2種類の色が混色している特長から自然界において自然的に発生する事が難しく生産量が少ない事から市場に流通している数も同様に少なく、その為、数が多い通常のダイヤモンドの買取価格を比較対象にするとダイヤモンドよりも高額であると言われています。またバイカラーダイヤモンドは希少性故に数が少なく、金品等のある一定価値を持つ物と同じように値が崩れにくく、多くの需要が存在している事から、バイカラーダイヤモンドは安定した価値を持っており、通常のダイヤのように生産されているダイヤが大きく市場に流れる事によって値崩れしない特徴があります。