コラム

マーキースカットバイカラーダイヤの買取事情

ダイヤモンドの世界では、できるだけ透明なものの方が高価で売買できると認識されています。
しかし、時折何かしらの影響で色のついてしまったダイヤモンドが発掘されます。
それらをカラーダイヤといい、希少性の高さから、グレードはつかないのですが、高価な値段になることが多いです。

バイカラーダイヤとは、一石に二色入った、大変貴重なダイヤモンドです。色は様々で、明るい色が混ざったり、暗い色が混ざったりなど、その見た目の良さで基本的には買取価格は変動します。
また、カラーダイヤはグレードがつかないと言ったように、シェイプによる判定は難しいです。
そのためマーキースカットが買取価格に影響することは少ないのですが、流行っていたシェイプの場合プラス査定になることがあります。
他に査定で注目されるのは、研磨の度合いです。ざらざらや、少し白っぽい研磨をすると、マイナス査定になります。

このような判断は、素人目には難しいため、一流の査定員に任せるのが賢い選択です。
おたからやの査定員は厳しい専門家研修を受けたプロ査定員のみ。
お品物に眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります。