コラム

バイオレットカラーのダイヤの買取価格

ファンシーカラーダイヤは市場の流出が少なく、基本的に決まった買取相場がありません。特に日本市場ではカラーダイヤ全般的に出回っていないため、店舗によって買取価格はよりけりでしょう。

それではプリンセスカットのバイオレットダイヤは買取ってもらえないのでしょうか。
いえ、しっかりとした店舗ならば査定員が査定した上で買い取ってもらえます。その時、どのようなポイントを見て価格を決められるか簡単に説明します。
まず、カラーダイヤの値段を決めるには色とカラットから大まかな値段を定めます。色合いは、ある程度色がついていて明るければ高いポイントが付き、カラットは重たければ重たいほど高くなります。その後、見た目による印象と、流行で判断するんです。

このように、カラーダイヤは最終的には独断と偏見が介在します。
つまりプリンセスカットのバイオレットダイヤは、簡単には買取価格を決められません。ただし、基本的な知識として、こういったカラーダイヤは、普通のダイヤモンドと比べて集っくなる場合がほとんどです。そのため、買取査定で普通のダイヤモンドよりも低い価格になったら、一度疑いましょう。

ダイヤモンドの4Cとプリンセスカットについて

ダイヤモンドの買取の相場は、買取に出すダイヤモンドによって大きく異なっています。
買取に出すダイヤモンドが持っている希少性だったり、価値にもよって相場が大きく異なります。また、ダイヤモンドの買取は、4Cと言われている4つの事柄が中心となり、行われることになります。この4つの事柄は、キャラット、クラリティ、カット、カラーの4つのことを合わせて4Cと呼んでいます。

ダイヤモンドは、透明のものだけでなくバイオレットなどの色の付いているダイヤもあります。この色の付いているダイヤは、カラーダヤモンドと呼ばれ、バイオレットの他にも、ブルー、ピンク、レッド、パープル、グレーなど様々な種類のカラーがあります。このカラーダイヤモンドには、天然のものもあれば、人工的に着色されているものがあります。天然のものと着色されているものを比較すると着色されているものは、価値や希少性などが低くなってしまいます。

プリンセスカットと呼ばれているカット方法は、スクエアとも呼ばれていて、正方形のカットになっています。他のカットと比較すると、プリンセスカットの特徴は、広い面から放たれている気品や情熱を兼ね備えていて、欧米で人気のあるカットになっています。

プリンセスカットのバイオレットダイヤモンド買取相場について

ダイヤモンドは無色透明なものだけでなく、ブルーやイエローなど、様々な色のものが産出します。その中で、赤みが少なく暗い色をしたものはバイオレットダイヤモンドという名称で呼ばれます。同じ紫色でも赤みが強いものはパープルと呼ばれます。

バイオレットダイヤモンドは、プリンセスカットによる加工をすることで、最もその色味が強調されます。プリンセスカットとは、上から見ると正方形の形状であり、下方向に向かって四角すいの形に加工したものです。細かいカット面を多数作りこむことによって、入り込んだ光が全て反射してくるため、上から見た時に非常に高貴な輝きを発します。その美しさがプリンセスのようであるということから、プリンセスカットと命名され、結婚指輪にも好んで使用されます。

おたからやは、国内だけでなく海外にも独自販路を多数持っていることが強みです。
さらに、メンテナンスをすべて自社完結し、大幅なコスト削減を実施していますので、他社圧倒の高価買取ができているのです。
査定は完全無料ですので、お手元に使わなくなった がある場合は、ぜひ一度ご相談ください。