コラム

クッションカットをしたグレーダイヤについて

グレーダイヤモンドは発掘量が多いため、カラーダイヤモンドの中でも低価格の部類に入ります。しかし、人気がないというわけではなく、パワーストーンなどに用いられることが多いです。グレーダイヤには、何色にも染まらない、といった中立的な意味があるので、そういった力が欲しい場合は身につけることを推奨されます。 仮にクッションカットのグレーダイヤを売却する際、買取価格はどの程度になるのでしょうか。 一言で言えば、買取価格は確定することができません。ただし、グレーダイヤの場合流出が多いため、ある程度の相場は確定します。だいたい0.1カラットで1万円から3万円程度が相場になるでしょう。 しかし、カラーダイヤは色合いで価格が決まるため、この相場をあてにすることができません。色合いとは濃さと明るさを元に、9つのグレードに分けてあります。この中から選んだものによって価格は決まります。ちなみに、上の相場はファンシーライトと呼ばれる比較的安価な部類になります。ファンシービビットになれば100万以上はいくでしょう。 このようにクッションカットのグレーダイヤは、大まかな相場で行くと2万円前後で、厳密に言えば確定できないということがわかります。もし売りたいなら色々な査定員に見てもらうことをおすすめします。

グレーダイヤモンドとクッションカットについて

グレーダイヤモンドとは灰色のダイヤモンドの事であり、その多くはクッションカットと言われる削り方を採用しています。クッションカットとは、正方形や長方形の形をしていますが、通常の正方形や長方形と違う部分として、4隅の角の部分が丸みを帯びているという点があります。 このダイヤモンドの特徴にはグレーである事を理由にホワイトダイヤモンドと同様にダイヤとしての価値を発揮しにくい事が特徴の一つにあり、パワーストーンとしての意味には、元々のダイヤモンドのギリシャ語であるadamasという征服できないという意味を持った言葉から裏表がない中立な立場であるとされており、身につけた物に対する力を開放する役目を持っていると言われており、より成長する事を目的とされる場合に身につけられる場合が多いです。 ダイヤとしての買取の相場としては、3万円前後が買取の相場であり、そのような高価である理由には、ダイヤモンドである事から加工が難しく、パワーストーンとしての価値がある事からある一定の需要が存在しており、このぐらいの料金を出してもよいと考える消費者がいる事からこのグレーダイヤモンドがある一定の価値がある事の証明になります。

クッションカットのグレーダイヤの買取相場はバラバラ

グレーダイヤモンドは、希少価値の高いと呼ばれているカラーダイヤの中でも産出量が高く、価値が低いものとされています。しかし、その反面、形などに凝ることができ、購入者の理想のダイヤモンドを作ることが出来ると言われています。 それではクッションカットを型どったグレーダイヤモンドの買取価格はどの程度になるのか。これは簡単には決められませんが、大まかに判定するポイントだけお教えしましょう。 まず通常のダイヤモンドと同様に4Cを駆使します。しかし、4Cの中でカラーグレードとカットグレードは使いません。カラーグレードは透明さを測るもので、カットグレードは通常のダイヤモンドのラウンドカットにしか適応できないからです。そのため、クッションカットかどうかは買取価格に影響しにくいです。なので、次の3つを主に見ます。色合い、カラット、見た目のよさ、の3つです。特に色合いが重要で、明るさと濃さの絶妙な場所が高価買取につながります。というのも濃すぎると値段の低いブラックダイヤと勘違いされ、薄いと濁った感じに思われるからです。 これらを市場に出回っている他のグレーダイヤと比較して価格を決めます。日本の市場には流出している数が少ないため、できるだけ多くの店舗で査定を出し、比較をすることを推奨します。