コラム

ラディアントカットとグリーンダイヤモンドの買取について

ダイヤモンドには様々な種類のカット方法が存在しています。カッティングの仕方を変える事によって、光の反射具合やファセット数、同じカラット数でも大きさが違って見えるなどの効果が発生します。例えば、ラディアントカットであれば総ファセットは70となり、バリオンカットと似通ったカッティングとして広く知られているカッティング方法です。ラディアントカットはミックスカットに分類され、ミックスカットは1960年代に開発されました。非常に人気のあるカッティングで商業的にも大成功を収めています。 ダイヤモンドに不純物が混ざる事によって色に変化が発生。その結果、様々なカラーのダイヤモンドが誕生しました。カラーによっては希少なものと量が多い一般的なものがあります。希少なカラーの方が高い値段で買取される傾向にありますね。例えばグリーンダイヤモンドは非常に希少なダイヤモンドであるといわれています。中々マーケットに出てこないので、グリーンダイヤモンドの存在を知らない人も多いです。非常に希少なカラーとなりますので、市場ではかなり高い値段で買取をされています。マンションや家を買えるような値段で取引される事も少なくありません。

天然か人工か?ラディアントカットグリーンダイヤモンド買取相場

ファンシーカラーダイヤモンドのなかでも、グリーンの色味を持つものは非常にレアな存在です。カラット数の大きなものであれば、大変高額に取引される場合もありますから、もしもグリーンダイヤモンドを手放すのであれば、信頼性の高い専門家に、査定を依頼すると良いかもしれません。しかし、グリーンダイヤモンドには天然色のものと、人工色のものが存在しており、その判別は非常に難しいといわれています。専門家でも判別が不可能なケースすらあるといわれているため、査定書が無い場合、その価値を図るのはより困難でしょう。 また、黄色がかったグリーンの場合、イエローダイヤモンドと査定される場合があります。グリーンとイエローではかなり買取相場に差がありますので、はっきりとした区別が必要です。 ラディアントカットは特徴的な形をしており、ダイヤモンドに採用されるのはやや珍しいカットです。カットグレードの評価はつきませんが、より正確で美しい比率のラディアントカットであれば、評価が高くなりそうです。査定の範囲に含まれないカット様式のため、買取相場について判断しずらい面もありますが、ジュエリーとしての価値には、マイナスとならないでしょう。

グリーンダイヤの査定ポイントについて

グリーンダイヤは、ファンシーカラーダイヤの一つで、希少価値が高く普通のダイヤより価値が高くなることがほとんどです。 それでは、買取の際、どのような部分を判定されるのかご紹介しましょう。 まず、ファンシーカラーダイヤにおいて4Cはあまり判断されません。というのも、カラーダイヤは少ないためあまり加工することができないのです。そのため、ラディアントカットにしても、重さがあっても、これは査定の対象には関わりにくいのです。これはグリーンダイヤモンドにおいても言えることです。カラーダイヤにおいて、一番注目されるポイントは、実は「色」にあります。色は「明るさ」と「濃さ」の2つを判断され、主に9つのレベルに振り分けられます。その中でファンシーと呼ばれるレベル以上のものが、高価な希少価値の高いものと認定されます。グリーンダイヤにおいても同様のことが言えます。 しかし、たとえキレイなラディアントカットを施したグリーンダイヤで、色の濃さが良くても、気をつけなければいけないことがあります。それは買取査定を比較する必要があるということです。何故比較しないといけないかというと、カラーダイヤはあまり査定にはかけられず、お店によって価格が変動しやすいからです。そのため、ダイヤモンドのレベルがファンシー以上だからといって、その場で売ってしまわないように気をつけましょう。