コラム

ダイヤモンドの買取で行われる基準とマーキースカットについて

ダイヤモンドを買取る際に行われる買取基準は、4つの事柄を中心として、買取が行われることになります。この4つの基準とは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つの事柄のことを指していて、この4つの事柄を合わせて4Cと呼ばれています。この4Cが基準となり、ダイヤモンドの買取は、行われています。 ダイヤモンドの中には、透明のものではなくグリーンなどの色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。カラーダイヤモンドは、グリーンの他にも、ブルーやピンク、パープル、レッドといったように様々なカラーのダイヤがあります。特にブルやーピンク、パープルといったカラーは、希少性の高いカラーとして知られています。ブルーやピンク、パープルといった希少性の高いカラーでも、そのカラーが人工的に着色されて付けられている場合には、希少性はなくなってしまうので、価値もなくなってしまいます。ですので、カラーダイヤモンドは、天然のものであることが重要になってきます。 マーキースカットよ呼ばれているカット方法は、船状の形のシャープであり、エレガントなシェイプになっています。マーキースカットは、基本的には、原石が細長い石のときに用いられることになります。

マーキスカットのグリーンダイヤは人気がある

ファンシーカラーダイヤモンドは発掘量が少ないため、高値を付けることが多いのですが、その中でもグリーンダイヤは上位の部類に入ります。最近ではアップルグリーンダイヤと呼ばれる蛍光色の強いグリーンダイヤモンドが人気があり、高値で買い取ってもらえることが多いです。また、グリーンには他にも色々な種類のものがあるため、意味合いが複数に分かれ、面白味のあるカラーダイヤになっているのも人気の特徴でしょう。 その中でもマーキースカットのグリーンダイヤは人気があります。理由としてはほかのシェイプより比較的安価な相場で、手にしやすいからでしょう。 では、マーキースカットのグリーンダイヤを売る場合はどのような買取相場なのか。もちろん、売る時も安価な相場になっています。しかし、色合いのグレードでほとんど決まるため、いいグレードなら相場と反して、良い価格がつくことが大半です。一般的にファンシーライトと呼ばれるグレードの流通量が多いため、ファンシーと呼ばれるグレード以上になると高価買取が望めるのです。 これらを踏まえると、マーキースカットのグリーンダイヤを売る場合は色々な店舗で見積もりを出す必要性が分かります。損をしないためにも多くの比較対象を持つことを心がけましょう。

マーキースカットをしたグリーンダイヤの買取価格について

グリーンダイヤとはカラーダイヤモンドの一種です。そのため、買取価格を決定するにあたって、前提条件が存在します。それが4Cが補助的な査定ポイントになるということです。また、カットグレードがつかないということも重要でしょう。これらを考慮した上でマーキースカットをしたグリーンダイヤの買取価格について考えましょう。 まず、このダイヤモンドはカラー評価から判定されます。カラー評価は彩度と明暗を9つの段階に分けたものになります。一般的にファンシーと呼ばれるグレードから高価買取を望め、それ以下の場合普通のダイヤモンド以下になることもあります。 カラー評価の次は4Cを補助的にして考えます。ただし、カットグレードはつかないので、マーキースカットは判定基準に影響しません。ただし、カラーダイヤでは対称性など私感が入ることが多いので、比較的マーキースカットは高い値を付けやすいことも多いです。 以上のことを考慮してグリーンダイヤは買取価格を決められます。実際どの程度の価格をつけるかは、その時によって変動しますのでお答えできません。ただし、ファンシーグレードならば、同条件の普通のダイヤと比較して高い値をつけるということだけを知っていれば、売る時目安になるかもしれません。