コラム

ダイヤモンドのグリーンオーバルカットの買取ショップ

ダイヤモンドを持っているけど以前、付き合っていた彼からもらった物だから処分したいとお思いになっている方もいらっしゃるでしょう。そういう場合には買取ショップなどもありますし、活用してみると良いです。グリーンのオーバルカットなど人気があり、ダイヤモンドを持っていくと高音で買取ってもらうことも可能です。オーバルカットはなかなかの人気でお持ちになっている方も多々いらっしゃる為、引き出しの奥に眠っているようでしたら、買取ショップなど利用してみるのもよいでしょう。意外と高値で取引ができますし、グリーンダイヤモンドなどは珍しいので色々と興味を示して下さるはずです。上手に暮らしていくことは重要なので、不要なものかそうでないかきちんと見極めてから処理したほうがよいでしょう。使用していないダイヤモンドなどあるようでしたら買取ショップへ持っていくと、意外と高値で取引が出来た場合など、ちょっとしたお小遣いにもなりますし嬉しいはずです。無駄なものはないので、活用するものは上手に取引を行ってみるとよいでしょう。暮らしの中で不要か必要なものかハッキリとしておくことですっきりしますし、自宅の中がすっきりとするでしょう。

ダイヤモンドの買取基準は4Cで行われている

ダイヤモンドの買取は、4Cと言われている4つの事柄基準となり、行われることになります。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことを合わせて4Cと言います。また、ダイヤモンドの相場は、その査定するダイヤによって様々です。査定してもらうダイヤの価値や希少性などに相場が大きく変わってくるのもダイヤモンドの相場の大きな特徴です。 グリーンなどの色の付いているダイヤに関しては、カラーダイヤモンドと呼んでいます。このグリーンといった色のカラーダイヤモンドは、希少性のあるカラもありますし、数量が多いカラーもあります。また、希少性のあるカラーのダイヤでも、そのダイヤが人工的に着色されたカラーの場合は、希少性はなくなってしまいます。ですので、買取に出す場合には、注意が必要になります。 オーバルカットと呼ばれているカット方法は、他の色石のカットとして、ポピュラーである小判型のカットをダイヤに施しているカット方法です。そうすることにより、オーバルカットは、ラウンドカットでは、得ることのできないリズムや落ち着いたスマートさを得られるカット方法になっています。このオーバルカットは、全体のプロポーションのバランスが取れているかどうかが重要になってきます。

ダイヤモンドの4Cとオーバルカットについて

ダイヤモンドを買取に出す際に一番気になってくる買取の基準は、4つの事柄を基準にして、行われています。この4つの基準は、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことです。この4を合わせて4Cと言われていて、ダイヤモンドの買取は、基本的のこの4Cが中心となり、行われています。 グリーンといった色のあるダイヤのことをカラーダイヤモンドと言いますが、このカラーダイヤモンドにも様々なカラーがあるので、色の違いを楽しむことができます。また、グリーンなどの色の付いているダイヤでも、そのダイヤが人工的に着色されたカラーの場合は、天然ものと比較しても、価値が低くなってしまうので、注意が必要になります。 ダイヤモンドのカットの方法には、オーバルカットというカット方法があります。このオーバルカットは、他の色石のカットとし、最もポピュラーな小判型のカットをダイヤモンドに施していくことにより、ラウンドカットにはないリズムや落ち着いたスマートを表現することのできるカット方法になっています。 ダヤモンドの買取基準は、4Cが中心となっていますが、査定を行っていく上で、そのダイヤモンドが偽者の場合は、本物と比較しても、かなり価格が安くなってしまったり、買取を行えない場合もあります。