コラム

カメレオンダイヤを売る際の注意点

カメレオンダイヤはカラーダイヤの中でも非常に珍しく、カラーダイヤと呼ばれたりもします。その特徴として、温度によって色が変わるというものがあるんです。楽しみ方としては軽く火で炙ったりすると、全体的に色が変わります。日本市場ではで周りが少なく、海外での購入が一般的でしょう。

では、日本でカメレオンダイヤを売る場合はどうなるのか。
主に、色合いで判断されるでしょう。カラーダイヤは素人が手を出すと損すると言われるように、普通のダイヤモンドとは違って4Cと呼ばれる基準が重視されません。また、流行や見た目が価格を左右するため、買取価格の相場などは決まらないんです。また、シェイプにおいてもラウンドカットもクッションカットも大差ない上、時にはクッションカットの方が高くなることもしばしば。

そのため、カメレオンダイヤを買取に出す時、いくつかの注意点がございます。まず、色々な見積もりを出しましょう。上記のように、査定員によって買取価格は変動します。たまたまカメレオンダイヤの査定経験が少な人に当たった場合、ものすごく低価格で買い取られる可能性があるんです。また、しっかりとカメレオンダイヤだということを言うのも注意点になるでしょう。以上のことを守っていただければ、カメレオンダイヤモンドを損しないで売れるでしょう。

クッションカットのカメレオンダイヤモンドは買取相場を調査して

クッションカットのカメレオンダイヤモンドは価値が高い宝石として知られています。まず、クッションカットは角が丸みを帯びていますので、女性らしいデザインとして評判が高いという特徴があります。
しかも、ほぼ正方形もしくは長方形ですから、ネックレスやブローチなど、あらゆるアクセサリーに活用しやすいために重宝されています。また、カメレオンダイヤモンドは変色性があるという点で、非常に稀少性があります。カラーが変わるダイヤモンドとして有名ですので、日常的に色合いを楽しむことができます。

カメレオンダイヤモンド・クッションカットの買取比較

ダイヤモンドにはカラーやカットの方法によって色々な分類がありますが、加工されるものの中で最もダイヤモンドの輝きが映えるといわれているのがクッションカットと呼ばれるものです。これは名前の通りクッションのように丸みを帯びた角の長方形であり、特徴としては大きな面が強調されるのでダイヤモンドの透明度が重視されると言うところにあります。そのため、できるだけ透明度の高いものを使用すると非常に綺麗に仕上がり、その価値も高まると言われています。

そんなクッションカットと相性がいいのがカメレオンダイヤモンドであり、これはカメレオンのように温度や湿度などによってそのカラーが変色していくと言うものになっています。そのような特殊なダイヤモンドを使用しているのでその場所によってカラーリングが違うと言う面白さがあり、さらに透明度も高いので輝きと共に楽しめるようになっています。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
おたからやの強みは、国内だけでなく海外にも独自販路を多数持っていること。
さらに、メンテナンスをすべて自社完結し、大幅なコスト削減を実施していますので、他社圧倒の高価買取ができているのです。
査定は完全無料ですので、お手元に使わなくなったカメレオンダイヤモンドがある場合は、ぜひ一度ご相談ください。