コラム

オレンジダイヤモンドの魅力と買取

オレンジダイヤモンドは、探すことを非常に困難とするダイヤモンドであり、スイス・ジュネーブで世界最大のカラット数を誇るオレンジダイヤモンドが競売にかけられた際には、数十億円の高値が付けられ、注目を集めました。
オレンジの色調は多種多様にあり、イエローを含む弾けるフレッシュ感を纏ったもの、ピンクを含む芳醇な大人の雰囲気を漂わせるもの等、個性豊かです。特に、瞬きを忘れる程に、オレンジ色の鮮やかな輝きが印象的なダイヤモンドは、敬愛の念を込めてパンプキンダイヤモンドと称され、愛されています。色合い毎に異なるイメージを持っており、身に付ける個々の好みや雰囲気に適するオレンジに出逢うためには、時間と運が必要となるカラーダイヤモンドとされています。

ハートカットが施されたオレンジダイヤモンドは、イエロー系のものの場合、若々しさと可愛らしさを抜群に発揮する一方で、ピンク系の場合、落ち着いた大人の女性への憧れ、背伸びした少女の雰囲気を醸し出しています。色調によって全く異なる雰囲気を持つハートカットのオレンジダイヤモンドは、安定的に高値での買取が行われています。
しかし、色調によって買取額に差異があり、ディープオレンジは比較的価格が安価であり、レッド系の1,000分の1の価値となっています。カットの仕上がりや傷の有無によっても、買取査定時の評価は異なります。

ダイヤモンドの買取基準となる4Cとハートカットについて

ダイヤモンドを買取に出す場合に重要になってくることが4つあります。その4つは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。ダイヤモンドの買取の基準は、基本的にこの4つのことが基準となって、行われています。この4つのことを合わせて4Cと言われています。
ダイヤの中には、天然のもので色の付いているダイヤモンドも存在しています。このオレンジなどの色の付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと言います。オレンジといったカラーダイヤモンドの中でも、天然のものではなく人工的に着色されて色が付けられているダイヤもありますが。この人工的に着色されているものに関しては、価値が低くなってきてしまいます。ブルーやピンク、パープルといったカラーのダイヤは、他のカラーのものと比べて希少性が高くなっています。
ダイヤモンドの買取の相場は、その買取に出したダイヤの価値や希少性などによって、大きく異なってきます。カラーダイヤモンドに関しても、天然のものと着色されたものと比較しても、買取の相場は低くなります。
ダイヤモンドのカットの方法の一つとして、ハート型になっているハートカットというカット方法があり、このハートカットは、恋人や大切な人へのプレゼントに最適なカットです。

ハートカットとオレンジダイヤモンドについて

ダイヤモンドのカラーには多くの種類が存在していますが、なぜ色々なカラーがあるのか気になりませんか?ダイヤモンドのカラーについては完全な科学的証明がされておらず不明な部分が多いのですが、ダイヤモンドの生成過程で何らかの不純物が混ざる事によって色に変化が生じると言われています。また、カラーによって希少さが異なります。特に希少であるといわれているのはオレンジダイヤモンドです。オレンジダイヤモンドは非常に希少であり、最高級の色合いのものは「パンプキンダイヤモンド」という愛称がつけられています。
ダイヤモンドのカットには多くの種類のカット方法が存在しています。例えばハートカットであれば、婚約や結婚など愛情を表現する時によく使用されるカットです。ハートカットの正式名称はハートブリリアントカットで、ブリリアントカットに分類されるカット方法です。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
査定料は完全無料ですので、「この状態でも売れるかが心配・・・。」という悩んでいる場合も、お気軽にご相談ください。