コラム

ダイヤモンドの買取基準とオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取を行う場合、買取基準となってくるのが4Cと言われている4つの事柄です。この4Cとは、ダイヤモンドの重さを表すキャラット、ダイヤモンドの色を表すカラー、ダイヤモンドの透明度を表すクラリティ、ダイヤモンドの輝きに対して唯一人工的にコントロールすることのできるカットのこの4つのことを4Cと言います。 ダイヤには、いろいろなカラーや形がありますが、色の付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼ばれ、レッドからブルー、イエロー、オレンジなど様々なカラーがあります。オレンジなどのカラーダイヤモンドでも、人工的に着色されたダイヤも非常に多いので、そこは買取に出す場合、注意するべき点になってきます。 オーバルカットは、他の色石のカットとして、ポピュラーな小判型のカットをダイヤに施してあげることにより、ラウンドカットでは表現することのできないリズム落ち着いたスマートさを表すことのできるカットになっています。このオーバルカットは、全体のバランスが取れているかどうかが非常に大切になってきます。 ダイヤモンドの買取は、4Cの事柄を中心にして査定していくことになりますが、査定をしてもらったダイヤモンドが偽者だと発覚した場合には、買取価格が非常に安くなってしまうこともあります。

ダイヤモンドの買取についてとオーバルカットについての説明

ダイヤモンドの相場は、そのダイヤモンドが持っている色や形などから判断していくので、相場はダイヤモンドによって大きく異なります。ダイヤモンドの買取の際に行われている基準は、4Cと言われている4つの事柄が基準となっています。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことを指していて、それぞれの意味は、キャラットはダイヤの重さのことで、カラーはダイヤに付いている色のことです。クラリティはダイヤの透明度で、カットは4Cの中でも唯一人為的にコントロールが可能な部分になっています。 オレンジといった色の付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと言いますが、このカラーダイヤモンドの中でも、ブルーやピンク、パープロといったカラーに関しては、他のカラーのものよりも、希少価値が高いカラーになっています。ですが、いくら希少価値が高いカラーのダイヤでも、天然のものじゃなければその希少性は失われてしまいます。ですので、オレンジなどの人工的に着色されているものは、買取価格は低くなってしまいます。 オーバルカットは、他の色石のカットとして、最もポピュラーな小判型のカットをダイヤモンドに施してあげることによって、ラウンドカットでは表すことのできないリズムや落ち着いたスマートさを得ることのできるのがオーバルカットです。

オーバルカットをしたオレンジダイヤは高価買取を望める

カラーダイヤは通常のダイヤモンドより高いことが多いです。その中でも最も高価なものとされるカラーダイヤの一つにオレンジダイヤモンドがあります。オレンジダイヤは台湾で30億以上の価格をつけるなど、その希少性が顕著です。 オーバルカットをしたオレンジダイヤもまた、希少性が高く、高価買取を望める一つなのです。その査定ポイントをご紹介しましょう。 オレンジダイヤなど、カラーダイヤ全般に言えることなのですが、真っ先に価格に影響するのがカラー評価です。このカラー評価とは4Cのカラーとは違って、色の明暗と彩度を指標したものになります。9つに分かれており、査定にはマスターストーンを使用して査定するのですが、殆どの場合査定員による私感が入るでしょう。そのため、他店舗の見積と比較すると、一桁違ったりすることも多いので、早まって売ってしまうということはしないよう心掛けてください。また、見た目による美しさも、査定ポイントに入ります。というのも、カラーダイヤは普通のダイヤモンドと比較して、査定基準が曖昧です。結局は希少性と売れるかどうかが重要になるのです。 このことから、オーバルカットは査定ポイントに影響しないということがわかります。また買取相場というものは、曖昧なので、売るつもりはなくても毎年査定に出して自分なりの相場を出しておいてもいいかもしれませんよ。