コラム

イエローダイヤモンドとラディアントカットの人気による買取価格

ダイヤモンドは希少な天然ものであり、一つ一つの価値に差異がある資産であるため、買取に出す際の価格の判定は難しいものです。カラット数やグレードが同等のダイヤモンドでもカラーや、インクルージョン、クラリティなどの違いによって価格には大きな幅が出る場合があります。また、ダイヤモンドは市場によって価値や価格が変動するので取引する時期を考慮する必要があります。ダイヤモンドそのものの評価は4Cと呼ばれる、カラット、カラー、クラリティ、カットの4つの要素が合わさり、それぞれの特徴や美しさを表していますがこの4Cのグレードが高い程希少性や価値が高い物と判断されます。また、無色透明であればある程ダイヤモンドはグレードが高いとされますが、カラーダイヤモンドと呼ばれる美しい石もあり、例えばイエローダイヤモンドの場合は入手しやすい物と希少性の高い物があり、カナリー・イエローやファンシー・イエローと呼称される黄色が強く輝いている石は人気が高く、グレードの判断とは逆に色濃度が高い程高価となります。また、近年人気の形状であるダイヤモンドの四角いカットにラディアントカットがあり、四隅を切り落とした形状が様々なタイプのジュエリーとして使用しやすいため、多岐に渡っての人気があります。たとえば希少価値のあるイエローダイヤモンドでシェイプがラディアントカットのものであれば人気と共に買取価格は上がっていくと考えられます。

イエローダイヤモンド・ラディアントカットの買取相場

最も女性に好まれているジュエリーとして人気を集めているのがダイヤモンドであり、特に結婚指輪や婚約指輪などで使用されることが多いことから幸せの象徴としても用いられています。そしてそんなダイヤモンドの種類のひとつがイエローダイヤモンドであり、名前の通り黄色がかった明るいカラーのダイヤモンドとなっています。 そしてカラーだけではなく加工する際のカットの方法によっても分類があり、イエローダイヤモンドはカラーでの分類となっているので基本的にはどのようなカットでも加工されやすくなっています。特に多いのがラディアントカットと呼ばれる長方形にカットされたものです。ラディアントカットによってダイヤモンドのカラットがより鮮明に見えるようになっていますし、同じラディアントカットや丸型にカットされたものを周囲に添えることでより美しく見せることができます。 そんなイエローダイヤモンドのラディアントカットの買取相場としては、まずイエローダイヤモンドというカラーによる相場とダイヤモンドのカラットの相場が関連してきます。ラディアントカットはカラットが大きいのでその点でも買取価格が高額になりやすく、相場としても非常に高くなっている傾向があります。

安価でおすすめのイエローダイヤモンド

採掘量が少なく、また見た目が美しいとされるファンシーカラーダイヤモンド。その中の一つにイエローダイヤモンドというものがあります。このイエローダイヤは他のカラーダイヤと比べて粗悪品とみなされ、安い値段をつけられやすいです。というのもダイヤモンドの指標にカラーグレードというものがあるのですが、これは黄色ければ黄色いほど、価値が下がるというものになっています。そのため、イエローダイヤはどうしても安価として扱われるのです。 そこ利用してイエローダイヤはシェイプを楽しむことができます。本来、できるだけ高く売るため、ほとんどのダイヤではラウンドカットが取り入れられるのですが、イエローダイヤではラディアントカットも多く取り入れられます。こういったラディアントカットやその他のシェイプが好きな方は、イエローダイヤで取り揃えるのもいいかもしれません。 しかし、資産としても運用には向いていないことを把握しておきましょう。イエローダイヤは他のダイヤと比較すると格安の値段で買取を行われます。色合いのグレードがものすごいよかった場合、比較的高価買取を望めるのですが、それでもピンクダイヤのように1000万という値段はつきにくいです。 イエローダイヤは、あくまでもコレクション向きだということを把握するようにしましょう。