コラム

ダイヤモンドの買取基準とラウンドカットについて

ダイヤモンドを買取に出す場合、査定基準となってくるのは、クラリティ、カラー、キャラット、カットの4つのことが基準となり、この4つの事柄のことを4Cと言います。クラリティは、ダイヤモンドの透明度のことを表していて、最高ランクのことをフローレスと言います。カラーは、ダイヤの色のことであり、イエローやレッド、ブルーなど様々なカラーのダイヤがありますが無色に近ければ近いほど価値は高くなってきます。キャラットは、ダイヤモンドの重さのことであり、同じキャラットだったとしても品質によっては、価値が大きく異なってきます。カットは、最高の輝きを生み出すことができ、理想のプロポーション作るための最重要ポイントになっていて、各カット部分のバランスや対称性、研磨状態から判断されることになります。 ダイヤモンドには、イエローなどの様々なカラーのダイヤがありますが、この色の付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと言います。カラーによっても、希少価値の高いものもあるので、希少価値の高いダイヤの場合は買取価格も高くなってきます。 ラウンドカットと呼ばれるカットは、ダイヤモンドの輝きを最も効果的に映し出すことのできる方法になっています。ラウンドカットは、他のシェイプと比べて割高になっています。

イエローダイヤはラウンドカットでも価値は変わらない

ダイヤモンドの世界において、価値を左右するのは主に4つの基準によります。特に、通常のダイヤの場合は、カットと言われる評価がものすごく重要になってくるのです。カットとは「ダイヤモンドをいかに綺麗に輝かせることができるか」という度合いのものです。ダイヤを輝かせる場合、ラウンドカットと言う手法が一番輝くのです。そのため、ラウンドカット以外の場合には、この項目は査定対象に入らないのです。 しかし、ファンシーカラーダイヤの場合、ダイヤで最も重要視されるカットの基準が、あまり査定対象に入らなくなってきます。これにはいくつか理由がありまして、まず天然のカラーダイヤは非常に希少なもののため、加工できる大きさのものが少ないです。また、色があると、光の輝かし方が難しくなってきます。 こういったこともありまして、イエローダイヤは希少価値が高く、買取相場も高いのですが、ラウンドカットでも価値は上がりません。また、大きいものも、大した違いがなければ価格に影響しないこともあるんです。カラーダイヤと言うのは素人から見ても、大きさと言うより見た目で選ぶ人がいますので、大きくなくてもイエローダイヤなどはある程度の価格までは売れるんです。なので、カラーダイヤは大きさや形のわりに買取相場が高くなっています。購入の際は参考にしてみてください。

ラウンドカット加工のイエローダイヤ

ダイヤモンドの世界では4Cと呼ばれるものがあります。カット、カラット、カラー、クラリティーという4つの基準のことで、この順番で価格決めの時重要視されます。 しかし、カラーダイヤモンドの場合、上記の事をそのまま活用できるわけではなく、色合い、カラット、クラリティーといった3つの要素で判定することになります。これもこの順序で重要視され、色合いに関しては半分以上の価格を決めることになります。 色合いとは、色の濃さと明るさの指標で、大まかに9つのグレード分けをされています。一般的にファンシーと呼ばれるグレード以上のものは高価なものとされ、それ以下は普通のものから粗悪品とされます。 これらを踏まえてラウンドカットのイエローダイヤについて考えてみます。 まず言えることは、買取価格が定まらないということでしょう。色合いのグレードで倍以上変わってくるので、安易に決めることができないんです。流出が多く、人気のあるファンシーライトと言われるグレードの場合4万円前後だと考えて、最高位につけば3倍、それ以下なら半分だと考えればいいでしょう。 以上から、ラウンドカットのイエローダイヤは、数店舗の買取見積もりを比較することが大事だと分かります。売る場合は損をしないためにも、比較対象を増やすよう心がけましょう。