コラム

ダイヤモンドの査定は4Cを基準にして行われている

ダイヤモンドは、地球上の中で最も固い物質で、ダイヤモンドの持っている美しい輝きから宝石の女王とも言われています。ダイヤモンドは、高級品ですので、価値のあるものや希少性の高い物は買取に出す際には、買取価格も高くなってきます。 ダイヤモンドといっても一つではなくいろいろな種類があります。イエローなどの色の付いているカラーダイヤモンドなどがあり、イエローなどの人工的に着色されたカラーダイヤモンドは、価値がなくなってきてしまいます。ですので、買取価格も低くなってしまうので、注意が必要になってきます。 プリンセスカットと言われているダイヤモンドは、欧米で特に人気のあるダイヤになっています。プリンセスカットは、スクエアと言われる方式のカットを行っています。 ダイヤモンドの買取で一番重要になってくるのは、4Cと言われている4つの事柄です。この4Cは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの事柄のことをいいます。これらの4つの事柄基準となり、ダイヤモンドの査定価格を決めることになります。キャラットは、重さで、カラーは、ダイヤの色、クラリティダイヤモンドの透明度を表していて、カットは、唯一人為的にコントロールすることのできる部分になっています。

プリンセスカットのイエローダイヤ買収ポイント

イエローダイヤは、ファンシーカラーダイヤと言われる希少価値の高いものの一つになります。そのため買収でも高価な買取が行われることが多数です。 それではプリンセスカットのイエローダイヤはどの程度の価値になるのかご紹介します。 まず、一般的なダイヤモンドを見る際、カットから判定します。カットはきれいに光ってくれるかを判断するもので、ラウンドブリリアントカットと呼ばれる、一番綺麗に光を反射してくれる形状でしか判断されません。次に重さ(カラット)を測ります。重ければ重いほど、大きいため価値は高くなります。そしてあとは透明度と傷の度合い。カラーとクラリティーと呼ばれる判定基準を用いるのです。この4つを総称して、4Cとよんだりもするのです。 しかし、カラーダイヤでは色で主に判定します。色の中で、濃さと明るさを見極め、9段階のレベル分けを行うのです。 イエローダイヤはカラーダイヤの中でも、比較的多く産出されていますので、ファンシーダークと呼ばれる段階でないと高価な買取はしてもらえません。また、プリンセスカットも価格には全く関わらないのです。 ちなみに、ダイヤモンドでは0.3カラットが2万前後だという相場がありますが、カラーダイヤにおいては決まった相場が存在しないのです。そのため、プリンセスカットのイエローダイヤは、実際に査定をしてもらわなければ価値がわからないのです。

イエローダイヤはシェイプが選びやすい

ファンシーカラーダイヤと呼ばれる希少価値の高いダイヤモンドが存在します。その中で、比較的入手が楽で低価格なダイヤがイエローダイヤモンドです。 このイエローダイヤモンドは他のダイヤと比較すると、大きいサイズの鉱石が取れやすく、富んだシェイプを選ぶことが出来るんです。普通のダイヤの場合、多方はラウンドカットを選ばれるのですが、イエローダイヤの場合、次点で人気のあるプリンセスカットなどが選ばれます。プリンセスカットは色合いが綺麗にみえ、イエローカットには相性がいいんです。 それでは、比較的安価なイエローダイヤは、買取時、どの程度の価格で買い取ってもらえるのでしょうか。 普通のカラーダイヤの場合、買取価格は決めにくいのですが、イエローダイヤの場合は大体の相場は決まっています。カラットで言えば0・5カラットで10万円だと言われています。しかし、実際はほかの要因も介入してくるので、全然違った買取価格になるでしょう。この値段は参考程度にしたほうがよろしいです。 以上のことから、イエローダイヤは安価で人気のあるダイヤだと分かります。また、好きなシェイプを選べるので、ダイヤ初心者にとってはおすすめのカラーになります。