コラム

ダイヤモンドの買取価格で一番重要なことは4C

ダイヤモンドは、地球上の中でも最も固い固い物質だけでなく研磨できるのも同じダイヤモンドしかりません。何物にも傷つくのことのない恒久性や汚れなき美しい輝きから宝石の女王とも言われています。ダイヤモンドを鉱物に分類するとなると真っ黒で柔らかく炭や鉛筆の芯と同じ炭素からできています。 ダイヤモンドの買取の基準として、4Cと呼ばれるものがあります。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットが4Cと言われています。キャラットとは、ダイヤモンドの重さのことで、カラーはその名の通り、ダイヤに付いている色のことです。クラリティは、ダイヤの透明度のことを指しています。カットは、唯一人為的にコントロールすることのできる部分になっています。 ダイヤモンドにもいろいろなカラーがあるように形も様々な形があります。ハートカットと呼ばれるものは、名前の通りにハートの形をしたダイヤモンドになっています。ハートカットなど形によっても様々な価値があります。 カラーダイヤモンドには、レッドからブルー、イエローなど様々なカラーがあります。特に希少価値のあるカラーは、ブルーやピンク、パープルといったカラーになっていて、買取価格も高くなってきます。イエローなどのカラーダイヤモンドでも天然ものではなく人工的に着色されたものもあるので、注意が必要になってきます。

ダイヤモンドとその買取についての基準

ダイヤモンドの買取で一番重要となってくるのは、そのダイヤモンドの状態の良さです。物凄く価値のあるダイヤモンドだったとしても、状態が悪いと買取価格も低くなってしまうし、値段すら付けてくれない場合もあります。また、買取の相場も様々で、そのダイヤによっての希少性や価値にもよって、相場は大きく変わってきます。 ダイヤモンドには、いろいろな種類があります。レッド、ブルー、イエロー、ピンクなどといったダイヤは、カラーダイヤモンドと呼ばれています。イエローなどの色の付いているダイヤでも、人工的に着色されたダイヤの場合は、買取価格が低くなってしまう傾向にあります。 また、人工的にカットされたものでも、ハートカットなどのダイヤは、女性に人気があります。ハートカットのダイヤは、プレゼントとしても最適で、恋人などにあげたりする人も多いです。 ダイヤモンドの買取基準では、4Cと呼ばれるものが基準となってきます。この4Cは、ダイヤも重さのキャラット、ダイヤの色のカラー、ダイヤの透明度のクラリティ、他にも4Cの中では、唯一人工的にコントロールしているカットなど、この4Cを基準にして、ダイヤモンドの買取りは行われています。

ダイヤモンドの買取基準は4Cで決まってくる

ダイヤモンドの買取の基準となるのは、4Cと言われる事柄が基準となってきます。この4Cは、キャラットは、重さを表していて、キャラットによって品質によって大きく異なってきます。カラーは、イエローなどのダイヤモンドの色のことで、無色透明に近いほどダイヤの価値が上がってきます。クラリティは、ダイヤモンドの透明度を表していて、内包物が少ないほどそのダイヤの価値が上がってきて、最高ランクのことをフローレスと言います。カットは、唯一人工的にコントロールできる部分になってきます。このキャラット、カラー、クラリティ、カットによってダイヤの買取価格が決まってきます。 ダイヤを買取に出す場合、そのダイヤが偽者であった場合は、本物のダイヤと比較しても大きく価値が下がってきてしまいますので、買取価格も低くなるだけでなく価格すら付けてもらえない場合もあるので、注意が必要です。 イエロー、レッド、ブルーなどの色の付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼んでいます。この色の付いているダヤモンドも、天然の場合は、価値があるカラーもありますが、人工的に着色されたカラーに関しては、天然のカラーのダイヤと比較しても価値が下がってきます。 ハートカットよ呼ばれているカットのダイヤは、ハートの形をしたダイヤになっています。このハートカットは、恋人などの大切な人へのプレゼントなどにも最適です。