コラム

クッションカットイエローダイヤの魅力と買取価格

ダイヤモンドの中には色石と言われるカラーダイヤというものがあります。その大半は高額なのですが、中には安価で誰もが手を出しやすいカラーダイヤも存在するのです。その代表格がイエローダイヤになります。 クッションカットをしたイエローダイヤの魅力をお伝えしましょう。 クッションカットとは角が丸く、輝きを大きくする形状をしています。その美しさから長いあいだ人気を保ったシェイプです。このシェイプはイエローダイヤと非常にマッチします。というのも、イエローダイヤは他のカラーダイヤと違って光による影響を受けやすいです。そのため、カットグレードはつきませんが、より反射を考慮したシェイプの方が美しく見えます。また、イエローダイヤの魅力として、安価だからアクセサリーとして取り入れることができる、ということにつきるでしょう。ほかのダイヤでは実現しにくいアクセサリーもイエローダイヤなら可能です。こういったこともあって、次第に人気が上昇しているのかもしれません。 では買取価格はどうなるのでしょうか。上記で言ったように、販売価格が安いため、買取価格も非常に低価格となります。なので、あまり資産として残すのには向いていないダイヤモンドだと言えるでしょう。

希少価値のあるイエローダイヤモンドを輝かせるクッションカット

一般的に、ダイヤモンドは無色透明の物が価値が高いと思われがちですが、場合によってはカラーダイヤの希少性が相場に反映し、高く評価されることも珍しくないです。実際、比較的カラーダイヤの中でも産出量が多いイエローダイヤモンドでも「ファンシーイエロー」と呼ばれる部類は、非常に珍しく当然、買う際も買取を行う際も高い相場が予想されます。宝石として揺ぎ無い美しさと高い市場相場を誇るファンシーイエローともなれば、透明感のある最高級ダイヤモンドで無ければカットに負けるといわれる「クッションカット」を選んでも遜色ないはずです。それに、クッションカットは、その独自のシェイプから長きに渡り宝石愛好家に愛されたカットなので、王道的カットを望む方には最適な選択です。逆に、それより評価の低い「ファンシー」以下の、イエローダイヤモンドは産出量の関係で買取相場等は低いですが、買う人にとっては、こちらもメリットがあります。何故なら、大きいサイズのダイヤモンドでも、比較的安価に購入できるからです。それに、デザイン性の高いジュエリーブランドともなれば、ファンシーに劣るイエローカラーであっても、活かす手段を心得ています。つまり、イエローダイヤモンドを選べば、色を活かしたデザインで尚且つお手頃価格のジュエリーを手に入れられるのです。

買取相場の低いイエローダイヤの楽しみ方

ダイヤモンドに色がつくとファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれ、少し高価なものと考えられます。現在、どうしてダイヤモンドが着色されるのかは分かっておりません。ただ、どの採掘場から、何色が出てきやすいのかは分かっています。レアカラーダイヤと呼ばれる希少性の高いものは、一部の洞窟でしか発見されないようです。しかし、ほとんどの場所で見つかるカラーダイヤが存在します。それがイエローダイヤです。 こういったこともあり、イエローダイヤは他のダイヤと比較すると買取価格が低いものと考えられています。カラーダイヤの場合、9つのグレードが存在し、その一番上のファンシービビットになると、ほとんどのダイヤでは1000万を越すことを予想されるのですが、イエローダイヤの場合、数百万程度になるようです。 そんなイエローダイヤにも楽しみ方があります。買取価格が比較的に低いため、財産として取っておくのには不向きですが、プレゼントにはうってつけでしょう。ダイヤの世界で黄色はあまりいいものとされませんが、黄色自体には楽しいイメージがあるため、非常にいいです。クッションカット等のイエローダイヤは数万円程度で買えます。またクッションカット以外でも10万円前後で購入を望めるでしょう。 この機会に、誰かへの贈り物としてイエローダイヤを購入してみてはいかがでしょうか。