コラム

いろいろなダイヤモンドについて

ダイヤモンドは、地球上で一番固い物質です。その形物質を研磨できるのは同じダイヤモンドだけです。その何物にも傷つくことのない恒久性と汚れなき美しい輝きから宝石の女王の名をほしいままにしています。ダイヤモンドを鉱物的に分類するなら真っ黒でやわらかい炭や鉛筆などの芯と同じ炭素からできているのも有名です。
また、レッド、ブルー、イエローなどの色の付いたファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれるものもあります。決してグレードの低さを意味するものではありませんが中には、無色透明な希少価値の高いものもあります。天然のブルー、ピンク、パープルといったカラーは、希少性が高く買取価格も高くなってきます。レッド、ブルー、イエローといったファンシーカラーでも、市場に出回っている商品の多くは、天然のカラーではなく放射線処理やコーティングすることによって、着色されたものも多いので、注意が必要ですし、天然ものじゃない場合は、買取価格も低くなってしまいます。
オーバルカットは、他の色石のカットとして、ポピュラーな小判型のカットをダイヤに施すことにより、ラウンドカットにはないような落ち着いたスマートさを得ることのできるのがオーバルカットになります。

ダイヤモンドのオーバルカットと買取基準について

ダイヤモンドの買取の相場は、そのダイヤが持っている希少性や価値にもよってダイヤの相場は大きく変わってきます。見た目的には、希少性が高く価値のあるダイヤだったとしても査定してもらうと偽者ということが判明した場合には、買取価格も低くなってしまいますし、偽者の場合には、値段すら付けてもらえない場合もあるので注意が必要です。
ダイヤの中には、イエローといった色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤもあります。このカラーダイヤモンドは、天然のカラーの場合は、希少性が高いカラーのダイヤもありますが、イエローなどの人工的に着色されて色の付けられたダイヤの場合は、希少性が低くなってしまいます。
ダイヤモンドの中には、オーバルカットと呼ばれるカットがありますが、このオーバルカットは、他の色石のカットとしてポピュラーな小判型のカットを施しています。そうすることにより、ラウンドカットにはないようなリズムと落ち着いたスマートさを持っているカットになっています。 ダイヤモンドの買取基準で一番重要になってくるのは、4Cと呼ばれている基準です。この4Cを基準としてダイヤモンドの査定は行われているので、最も重要なことです。

オーバルカットのダイヤモンドは買取する際には比較を忘れずに

オーバルカットのダイヤモンドはダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すことができるため、人気のあるカット方法となっています。オーバルカットの場合には、アクセサリー類などに使いやすいように輝きが石の中心部分に来るように設計されています。そのため正面から眺めるとダイヤモンドでしか表すことのできない美しい輝きがあり、これらは多くの宝石愛好家をとりこにしています。中でもカラーがイエローの物は希少価値が就けられることもあり、買取価格がかなり高くなっています。

おたからやでは、査定料は完全無料です。「今日は売る気がないんだけど・・・。」という場合も大丈夫です。
また、出張買取にも対応しております。「出張で来てもらうと費用が・・・。」という場合もご安心ください。
出張買取に関する費用は一切いただきません。宅配買取の場合も、完全無料です。