コラム

他にはない図柄の50,000,000リラ金貨

●額面がかなり大きいトルコのリラ金貨

トルコが発行したリラ金貨はとても大きな額面を持っています。その数50,000,000リラ。5千万という数字を持った金貨はとても珍しく滅多に発行されません。通常は大きな額面にすると偽造され、それを額面通りに利用することで現金を騙しとることが可能となるため、金貨の場合にはこういったことは避けるのですが、トルコのリラ金貨は発行が2,000年代に入ってからにもかかわらず、こういった高い額面で敢えて作られています。これの主な理由はハイパーインフレが進んでしまったからなのですが、それにしても額面が大きい。そういった意味ではレアなのかもしれません。もちろんプレミアがつくというわけではなく、買取の際には金の相場によって査定を行わざるを得ません。

ちなみに今では同じトルコリラでも、この金貨の発行後に新トルコリラへと移行しているので、この額面では使うことは不可能です。

●ダイヤモンドが埋め込まれた金貨

5千万トルコリラ金貨は2000年と翌2001年にそれぞれ3,000枚と4,000枚が発行されていますが、パッと見た時に他の金貨とは違った点に気が付きます。それはこのリラ金貨に刻まれたフクロウやイーグルの目玉が光っていることです。

なぜ鳥たちの目玉が光っているのか、それはここにダイヤモンドが埋め込まれているからです。面白い試みですね。しかしそこにお金をかけたかったからでしょうか、このトルコリラ金貨は2000年に発行されたものも2001年に発行されたものも18 金製です。金貨としては少し金の含有量が低め。しかしその鳥たちのデザインが大胆な構図となっているので、コレクターからの人気も高いようです。