コラム

スイスフラン金貨は金純度90%

●10フランや20フランが代表的金貨

スイスフラン金貨はK21.6なので金純度で言えば90%となります。高くもなく低くもない純度かもしれませんが、1グラム毎の買取価格としては高いと感じていただけるはずです。

スイスフラン金貨の種類は幾つもあるのですが、代表的なものは10スイスフラン金貨と20スイスフラン金貨ではないでしょうか。額面は同じでも異なったデザインのものも多数存在しています。

しかしどれも金の質は変わりませんし、重さによる買取になるでしょう。年代によって若干風合いが変わって見えるかもしれませんが、どれも品位は同じであり、古いから高い、もしくは安いということもありません。収集物として価値を見出しているのは一部のコレクターに過ぎないので、ここも地金型の金貨としてしか見られていない原因なのではないでしょうか。

●スイスらしさ満載のデザインが人気

スイスフラン金貨は地金型の金貨としての運命をたどっているとは言っても、デザインにはスイスらしさがこれでもかと表現されています。例えばアルプスの少女として知られているブレネリが描かれていたり、スイスの女神として知られているヘルヴェティアが描かれていたりなど、この国を代表する女性像が刻まれているものが多数発行されています。また、ブレネリの首元にはスイスの国花であるエーデルワイスがさりげなく刻まれていたり、あるいは頭上にスイスを示す古代ローマ名の「HELVETIA」という文字が刻まれていたりと、主張は控え目ですが、しっかりとデザインされています。また、裏面にはスイス国旗のマークが描かれています。