コラム

日本発行の2002年ワールドカップ金貨

●地金型としての価値が高めの金貨

2002年ワールドカップ開催を記念して作られた金貨の中で、日本が発行しているものには額面1万円の記念金貨があります。このワールドカップ自体は日韓共同開催となったことでも話題となり、また、アジアで初めてワールドカップが開かれるという記念すべき大会ともなりました。日本も決勝トーナメント進出という、開催国として最低限の仕事をし、日本だけではなく世界中が熱狂した大会となり、見事成功を収めたことでも多くの日本人の記憶に焼き付いているのではないでしょうか。

この記念金貨は5万枚が発行されており、ここに価値を見出すことはできませんが、24金製なので地金型の金貨としてはこれ以上ない価値を持っています。

重さが15.6gと決して軽くはないので、ある程度まとまった金額での買取が可能です。

●銀貨とセットで買取額アップ可能

2002年ワールドカップの記念金貨の表には日本国の文字と壱万円の文字が刻まれ、中央にはサッカー選手の姿が細かな凹凸にこだわって描かれています。裏面は雰囲気がガラリと変わり、非常にスタイリッシュ。買取価格の決定にこのデザインは関係してきませんが、金貨のデザインとしては悪くはありません。

2002年ワールドカップでは記念コインとして1,000円の額面を持った銀貨も販売されました。金貨とセットでの買取となれば当然査定額はアップさせていただきます。銀貨は金貨と比べるとだいぶ価値は落ちるものの、それでも同時に売却を検討した方が手放す側にとってもメリットが大きいのではないでしょうか。