コラム

厳かな雰囲気の天皇陛下即位記念金貨

●額面も買取価値も高い記念金貨

記念金貨として発行される貨幣は時に実際の市場価値よりも低い額面がつけられていることが多いもの。しかし天皇陛下即位は日本にとって非常に重要な出来事であるがために、その記念として発行された金貨にはかなり高い額面がつけられています。

発行は平成3年と実際の天皇陛下即位から少し時間は経っていますが、その額面は10万円。コインで10万円の価値があるのは感覚的に考えればなかなか珍しいものの、天皇陛下即位に関する金貨と考えれば当然とも言えるでしょう。

品位も24金製ですから、地金型の金貨としての価値も抜群です。金の買取価格が上がっている今では相当な金額で買い取ることが可能。持っている人にとっては非常に意味や価値のある金貨かもしれませんが、金の価格上昇に合わせて売却を是非ご検討ください。

●日本らしいデザインで趣のある金貨

天皇陛下即位記念金貨のデザインですが、表には鳳凰が瑞雲と共に優雅に舞う姿が描かれています。こういったデザインはやはり日本らしい。天皇陛下即位を記念して発行されたものですから神々しさも必要とあって選択されたモチーフなのでしょう。裏面にはお馴染みの菊のマーク。それを囲むように唐草模様と桐が刻まれており、こちらも非常に細かなデザインが直径33mmの中にしっかりと収められています。

この金貨は全部で200万枚発行されているため、数という観点から見れば希少価値はそこまで高くないと言えるでしょう。これからもそれは恐らく変わらないと思います。買取に出すなら今が絶好のタイミングとなるはずです。