コラム

仏のオリンピック100周年記念金貨

●ちょうど節目にふさわしい記念金貨
近代オリンピックがスタートしてから100周年を記念して発行された金貨はパリ造幣局が作ったもの。フランスが発行したこのオリンピック記念金貨ですが、100周年の節目の開催になったのはフランスの都市ではありません。アメリカのアトランタです。ですから本当にただただ近年オリンピック100周年を記念してフランスが独自に発行したものであることがわかります。アメリカはアトランタ五輪記念金貨を別に発行していますから、そういった観点から見れば少し面白い要素を持った金貨なのかもしれません。
しかし100周年という節目にふさわしいデザインであることには違いありません。自由の女神として知られているフランスを象徴する女性のマリアンヌがライオンのマスクをかぶっている姿で描かれている図柄が印象的。真正面を向いている顔も金貨としては面白い構図です。裏面はエッフェル塔とヘラクレスの姿。オリンピックの歴史とフランスの良さが詰め込まれたデザインです。

●コレクションとしても人気の金貨
オリンピック100周年記念金貨は22金と高品位。重さは約17gで直径は28mm。この品位とサイズもオリンピック100周年記念としてふさわしいもののように感じます。
オリンピックの記念金貨はこれに限らず集めている人が多い。新しい金貨なので取引価格は高騰していませんが、コレクションとして大事にしている人は山ほどいるでしょう。
ちなみにこのオリンピック100周年記念金貨の発行年数は1994年で、実際の近代オリンピックの100周年の2年前に発行されています。また、額面は500フランです。”