コラム

シドニー五輪100豪ドル金貨

●純金製で限定販売の五輪金貨
2000年にオーストラリアのシドニーで開催されたオリンピックを記念して製造・販売されたシドニー五輪金貨は100オーストラリアドルの額面を持っています。しかしこの金貨は純金製で24金扱いとなっているため、販売価格はそれよりもずっと高く、そこに限定販売というプレミアものっかり、なかなかの高価格で販売されていた過去があります。
今はその時よりも金の価値が上がっています。当然買取も24金扱いとなり、100オーストラリアドルという額面は全く影響しません。1枚10gですから、3枚セットであれば30gとして計算されます。買取を行う場合にはなかなかプレミアをつけるのは難しいかもしれません。限定販売とはいっても世界中では相当な量が流通していますし、日本人でも持っている人は多い。しかしどこで売却するよりも高い価格でお引き取り致しますので、是非当店にお持ちください。

●他の五輪には見られない特徴
シドニー五輪の記念金貨にはひとつの特徴があります。それはデザインにカラーが施されていることです。種類は幾つかあり、段階的に発売されていったので、このカラーが施されていないものもありますが、他のオリンピック記念金貨には見られない特徴としてコレクターを喜ばせています。
表面はオーストラリアの金貨の定番であるエリザベス2世の肖像レリーフ。裏面はオリンピックのマークやそれぞれの競技のデザインなど多岐に渡ります。
専用のケース付きだと査定や査定がしやすくなりますので、もし一緒に保管してあるのであればそれに入れてお持ちください。ケースなどは大幅な買取アップに直結するわけではないものの、そのシドニー五輪金貨が本物であることの証明のひとつになり得ます。”