コラム

オーストリアのハーモニー金貨

●全部で4種類ある純金製の金貨
オーストリアといえば音楽の都ウィーンを思い浮かべる人もいると思いますが、それを象徴するような金貨があります。ハーモニー金貨です。これはウィーン金貨やウィーン金貨ハーモニーとも呼ばれています。オーストリア造幣局が発行する24金金貨です。
24金ですから純度はマックスレベルで、見てもその輝きは他の金属が混じった金貨よりも美しい。芸術にこだわるウィーンらしい金貨です。
種類は重さによって4つに分かれています。1トロイオンス、1/2、1/4、そして1/10トロイオンスとなっており、順番に100ユーロ、50ユーロ、25ユーロ、10ユーロという額面になっています。しかし24金ですから、実際に買取の際にはこれらの額面の10倍ほどの金額を提示。金の相場によって上下しますから、10倍以上の現金を手に入れるならこのタイミングでの査定をおすすめ致します。

●ファンにはたまらないデザイン
ハーモニー金貨のデザインは重さによって変わることはありません。全て同様です。
1989年以降毎年発行されていることもあり特にプレミアがつくなどはありませんが、この金貨はデザインがとても素晴らしい。24金の色味もさることながら、表にはパイプオルガンのデザインが施され、裏には管楽器や弦楽器が綺麗に並べられています。もちろんこのデザインの基になっているのはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団です。音楽好きにはたまらないのではないでしょうか。
そのため、通常こういった地金型金貨は投資目的で取引されるのですが、誰かにプレゼントするのにも最適であり、実際にそのような用途で手に入れる人も増えているようです。
ハーモニー金貨は4種類といいましたが、例外として30kg以上の金貨が15枚だけ発行されています。もしお持ちであれば是非買い取り致します。もちろん出張買取に対応致します。”