コラム

コレクターが多い中国十二支金貨

●様々な種類が存在する中国十二支金貨
中華人民共和国が発行する十二支にまつわる金貨にはさまざまな種類があります。まずは扇形の中国十二支金貨。金貨と言えば丸い形を思い浮かべますが、これは長方形に近い扇形になっており、見た目にも楽しませてくれる金貨です。24金のため買取価格が非常に高いのが特徴。売却する時にも最も重宝する金貨となるでしょう。
丸形の金貨にも幾つか種類があります。大きく分けると24金のものと22金のもの。24金のものは直径が32mmあり、重量も31グラム超えと、非常に価値のある金貨になっています。
22金のものは重量が8グラムと少し小ぶり。それでも十二支まとめて売却すれば相当な買取金額になるでしょう。
他にも丸形に近いのですが、円周が波打っている形の中国十二支金貨もあります。これも24金なので高価買取をお約束。
これだけ種類がありますから、中国十二支金貨はコレクターが多く存在しているようです。

●プレミアは期待できないけど高価買取
中国十二支金貨はそこまで発行枚数が多くないとは言われますが、しかしコレクターが多いため、日本人でも持っている人はたくさん存在しています。また、発行されてからそこまで長い期間が空いているわけではないので、なかなかプレミアがついて流通することは少ないでしょう。
買取の場合には他の地金型金貨と同様の扱いとなり、金の相場価格で査定金額を出し、それに納得していただけたら買い取るという形になります。
さまざまな中国十二支金貨が混じっていてもいいですし、どれか1枚だけでも買取致します。”