コラム

香港返還記念の金貨は1000ドル

●全部で97000枚限定の記念金貨
1997年にイギリスから香港が中国に返還されました。香港返還記念1000ドル金貨はそれを記念して発行されたものです。金貨はその金の純度によって品位が分けられているのですが、この香港返還記念金貨の品位は22金に分類されています。そして金貨の買取価格を決定するのはこの品位と重量なのですが、この金貨は15.976の重量を持っています。基本的には査定をした日の金のレートを基に、この純度と重さで買取価格を決定していきます。純度高めのこの金貨は非常に高く買い取ることが可能です。ちなみに直径は28.4mm。少し小振りに感じるかもしれませんが、今の時期であれば金のレートが上がっていることもあって、相当良い査定金額を提示できると思います。
香港返還記念金貨は全部で97000枚発行されています。ロットナンバーもつけられており、まさに記念金貨といった仕様になっているのが特徴です。

●スッキリとしたデザインに変更
香港返還記念金貨の特徴はデザインがスッキリしている点。このデザインは買取価格に影響するものではありませんが、コレクションとしても人気が高いので、何枚も所有している人もいるはずです。
香港が中国に返還される前まではイギリス領ということもあってエリザベス2世の肖像が刻まれていました。それが1997年に中国に返還されると蘭の花が刻まれ、それが喜びを表現するように咲き誇っています。ちなみに蘭の花は香港のシンボルとなっている花です。裏面は香港の風景が刻まれ、他の金貨とは異なりどこか現代的な雰囲気も漂わせています。”