コラム

ヤング・ヘッドのソブリン金貨

●高価買取必至のヴィクトリア女王版
ソブリン金貨は金が含まれている割合が非常に高いために高額で買い取ることができますが、中には一般的にあまり知名度の高くないソブリン金貨もあるため、持ってはいてもなかなか高額買取になるとは思われず、そのまま家に眠らせている方も多いようです。これは非常にもったいない。金の価値が上がるに連れて地金型の金貨であるソブリン金貨の価値も当然上がっていますから、査定に出してみるだけでもしてみてはどうでしょうか。
そんなソブリン金貨の中でデザインが素晴らしいのがヴィクトリア女王の肖像が描かれたソブリン金貨です。発行が始まったのは1838年のことで、それから1901年まで発行されていたという、非常に人気のある金貨となっています。

●2種類存在しているヤング・ヘッド版
このヴィクトリア女王のソブリン金貨の初期のものはヤング・ヘッドと呼ばれています。その名の通り、若き日のヴィクトリア女王が刻まれているからなのですが、このヤング・ヘッド版にも2種類存在していることはあまり知られていないかもしれません。
ひとつは1838年から1874年まで発行されていたヤング・ヘッドで、裏には真ん中に紋章があり、その上にクラウンが描かれています。非常に厳かな雰囲気を持ち、イギリスの強さや豊かさを誇示するかのようなデザイン。
そしてもうひとつは1871年から1885年まで発行されていたヤング・ヘッドで、こちらの裏面にはソブリン金貨の定番となっているセントジョージが竜と戦い勝利した姿が描かれています。
買取に出す場合、基本的にはこれらのふたつの金貨の価値は変わりません。重さによって判断されることになります。”